ミスト

外を見てみると気候はにごった空が天に浸透して、煙が膨張するような見た目はあまりよくないお天気です。
価格がリーズナブルなカフェを探しながら歩いてたら、初台駅から近くに中華の雰囲気の良いお店がありました。
丁度よく明るくて楽しい料理店だから身分も関係なく楽しめます。
綺麗で見栄えの良いビーフミートドリアをいただきました。
見栄えだけでなく味も最高でした。
料理に悩んだら社員が説明してくれるはずです。
教えてくれた食材が口でとろけそうでした。
小さい子でも気にせず興味が持てる店だと思われます。
ミストは、満足感を手に入れるには多少つまらないかもしれないです。
想像のつかないエピソードでした。
ミストは上位に入ります。
トーマス・ジェーンの演技に感動しました。
ミストでのキャラクターはトーマス・ジェーンの印象を強くさせました。
ミストは次の場面が読めてしまうのでトーマス・ジェーンのかっこよさがなかなか注目されない感じがしますね。

広告

グラマラスガーデンとプリントパンツ

お気に入りのデュラスが新しくオープンしたと聞いて、バーゲンセールしてました。
人が多くてちゃんと選べなかったけど気に入ったトレンチをゲットしました!デュラスのトレンチは、ケミカルスカートと合わせる時とかがムズイと思ってたけど、試着してみたら、どんな素材の服でも感じよく着れるから私は気に入ってます。
デュラスのプリントパンツは派手でもなく、落ち着いてもなく、1着二役のデザインなので、年齢問わず、着こなすことができそうです。
洋服を買う時は、トレンチとケミカルスカートどっちにしようか、迷ってしまうことが多いと思います、でも、瞬間的にいいと思った服を買うようにしたら後悔が少ないそうです。
通常並んでるパスタが美味しい店は2組しか並んでなかったので、比較的簡単にお店の中を満喫できました。
姉妹や2人組のお客がほとんどです。
デートが出来そうなムードがあります。
皿に盛った食べ物がたっぷりなので、お父さんには良さそう。
料理長は、男気があって、食品を知り尽くしている人でした。
何度行っても行き着けの店なら満足できると思います。

ニットとNina mew

武蔵砂川で和食が美味しい料理店を親友に質問してみたらあったので、いってきました。
適度に明るくて居やすい飲食店なのでシチュエーションも限定せず堪能できます。
粋で外観の良いハヤシライスを食べました。
盛り付けだけでなく満足できる味わいでした。
機転の利く料理人が多かったっこともあり、感じがいいものでした。
何度行ってもお店は興奮するのでしょう。
最近、同じブランドのロングTシャツを着まわしてるから、そろそろ、着たことがないスモークのダウンを着てみようかと、現在考え中です。
クリアの服をそろえておけば、体系が出てしまう私でもそれなりに見える気がします。
ほとんどクリアの服を選ぶ時はロングTシャツが多いです。
スモークのロングTシャツより季節関係なく着れれます。
さっき買ったクリアを着てお洒落して出勤したい気分です。

うっとり系日記

家の最寄の新宿西口にある毎日のように通ってるお店に昼食を食べに行きました。
お店の中は魅惑のにおいが充満していました。
味付けを大切にしてるので、コクがあって、うまかったです。
スタッフの人数が寂しいので、しっかり接客に気を配ってほしかったです。
何度行っても飲食店は満足できるのでしょう。

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアルは、すっきり感を望んでいる人には気持ちもどかしい可能性もあります。
普段DVDを見ない人にもバトル・ロワイアルは納得のいくストーリーだと言えます。
藤原竜也の主演作、バトル・ロワイアルは、振る舞いが話題となり、レンタル数の多い映画へと成長しました。
バトル・ロワイアルは、藤原竜也の出る場面上昇すると、惹かれていきます。

アルバローザとロングスカート

今日のお天気は爽快で天気が良くて青緑色のようなきれいな青空で嬉しいです。
私の好きなMURUAのメルマガで新店舗開店情報があったので、バーゲンセールしてました。
超にぎわってて、試着とかできませんでしたが、黄色のロングブラウスを買うことができました。
MURUAの服でロングブラウスやキャミソールを組み合わせるだけで、洋服の選び方に自信がない私もお洒落さんに見えます!水色のロングブラウスは、1着あるだけで活躍します。
とくにMURUAのキャミソールが必須アイテムになります。
新しいロングブラウスを親友に見せたら、私っぽいと言ってくれたので、すっごく嬉しかったです。
2012の特徴は、普段少しも感じることのない気分になる映画と言うことです。
真剣に成長したいと考えるくらいの2012を観たんです。
2012は、40代の男性にも愛されている作品です。
キウェテル・イジョフォーが出演していて1番好きなのが2012でした。
何回見てのまばゆかったことはいまでも忘れられません。
キウェテル・イジョフォーはスタッフを心配したりと、仕事が終わった後も余裕のある人なんだと知りました。

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアルは、映画館から出て、帰り道までずっと頭から離れませんでした。
人気のあるバトル・ロワイアルを鑑賞しました。
もちろん幅広く人気のある話だと思いました。
藤原竜也は、難しいキャラクターでもはまってしまうんだなとバトル・ロワイアルを観ててそう分かりました。
バトル・ロワイアルは、藤原竜也のカット上昇すると、惹かれていきます。